マカフェルト工房

~羊毛フェルトの小さな人形~

ロゴ画像

羊毛フェルトサイコロの作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

こんにちは。今日は羊毛フェルトでサイコロを作るやり方を書いていこうと思います。

今回作るのは1辺5cmくらいの大きさのサイコロです。全部を羊毛で作っていくと大変なので発砲スチロールで芯を作ってそれに羊毛をかぶせていく方法にしました。

日常でサイコロを使う機会があまりないのですが、オブジェとして飾るのもよいかと思います。

それでは始めます。最初に完成写真です。

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

1の目を赤にしました。また1~6で目の大きさを変えています。

    使用している羊毛は次の通りです。
  • ベース(芯):ハマナカ ニードルわたわた H440-003-310
  • サイコロ表面:ハマナカ ナチュラルブレンド H440-008-802
  • 2~6の目:ハマナカ フェルト羊毛 H440-000-41
  • 1の目:ハマナカフェルト羊毛 H440-000-16

まず最初に発泡スチロールで芯を作ります。発泡スチロールはなんでもよいと思うのですが、今回は100円ショップに売っていたコルクボードを使用しました。

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

1cmくらいの厚みで発泡スチロールを薄いコルクで挟んだものです。これを切り貼りして芯をつくります。本来の使用方法ではないのですが、簡単に入手できるということで使用しました。

立方体を作るので、正方形をいくつか切り出して張り合わせます。

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

木工用ボンドで4枚張り合わせてだいたい立方体になりました。この時点で1辺が4.5cmくらいです。

では羊毛をかぶせていきます。まず土台として「ニードルわたわた」を刺していきます。直接目的の色の羊毛を刺してもよいですが、今回は色も似ているのでまず形を整えてるために刺しやすい「ニードルわたわた」を使いました。「ニードルわたわた」にもいくつか色がありますので、最終的な色に似た色を使うとよいです。

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

6面全部に刺して立方体の形を整えます。この段階で表面の凸凹も平らにしておきます。大きさは1辺5cmくらいになっています。

ここから最終的な色の羊毛を刺していきます。直接刺すよりは軽くシート状にしてから刺した方が均一になりやすいです。(わたわたっぽくしてから刺すといった感じです)

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

6面全部刺し終わりました。サイズは5.3cmになりました。表面は滑らかにしたり粗くしたりと好みにあわせて刺していけばよいと思います。

次に目を入れていくのですが、その前に、目の配置などいくつか決めないといけないことがあります。

    まとめると次の3点です。
  • 1から6の目をどの面に配置するか
  • 2と3と6の目の向き
  • 目の大きさ

上2つはルールがあるようで、詳しくは調べきれなかったのですが、ネット上で調べて一番多いパターンを採用しました。次の写真の通りです。

羊毛フェルト サイコロ 作り方

向かい合う面の目の合計が7になるというのは知っていて、少し調べて各面の数字が何になるかまではすぐにわかりました。その時点で作り始めたのですが、2と3と6の目の向きがあって最初間違って作ってしまい、あとで一部やり直すはめになりました。(2の向きが逆でした。。)

目の大きさですが、これは特に決まりはないようです。全部同じ大きさにしているものもありましたし、1から順に小さくしているものもありました。大きさを変える理由としては、本物のサイコロは目の部分がへこんでいて、その大きさで重心が偏ってしまうのを防ぐためのようです。各面でへこんだ容積が同じになるような大きさにすれば重心が真ん中あたりにくるといった感じでしょうか。今回の羊毛フェルトのサイコロは飾りといった目的もあって厳密に重心を考えて作っていません。そのため目の大きさは自由なのですが、バランスのよさを考えて、目の面積の合計が各面で同じになるように作りました。

    いろいろと計算した結果、各面の目の直径を次のように決めました。
  • 1の面→20mm
  • 2の面→14mm
  • 3の面→11mm
  • 4の面→12mm
  • 5の面→10mm
  • 6の面→8mm
  • 計算メモを最後に残しましたので、気になる方はあとでどうぞ。間違ってたら教えてください。

それでは目を刺していきます。

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

ここでも羊毛をある程度シート状に刺してからサイコロに刺し付けていく方が均一になってやりやすいです。

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

上の2つの写真のように、ふわふわした部分を爪で寄せて、爪に当てるようにニードルを刺していくことで、爪で押さえたところに沿ってきれいに羊毛を刺し付けることができます。(この写真の時点では2の目の向きが間違ったままです。あとで修正しました。)

目を全部入れると完成です。

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

羊毛フェルト サイコロ 作り方

これでサイコロの作り方は終わりです。


↓↓目の大きさを決める計算メモ↓↓

    各面ごとの目の面積の合計を6とすると、目1つの面積は
  • 1の面→6/1=6
  • 2の面→6/2=3
  • 3の面→6/3=2
  • 4の面→6/4=1.5
  • 5の面→6/5=1.2
  • 6の面→6/6=1
  • になります。
    目の面積は目の直径の2乗に比例するので、
  • 1の面→ルート6=2.45
  • 2の面→ルート3=1.73
  • 3の面→ルート2=1.41
  • 4の面→ルート1.5=1.22
  • 5の面→ルート1.2=1.1
  • 6の面→ルート1=1
  • が直径の比になります。
    これで6の目の直径を決めたらあとは各面の目の直径も決まるという寸法です。サイコロの大きさからバランスを考えて6の目の直径を8mmにしました。すると各面の目の直径は
  • 1の目→2.45×8=19.6=20mm
  • 2の面→1.73×8=13.8=14mm
  • 3の面→1.41×8=11.3=11mm
  • 4の面→1.5×8=12mm
  • 5の面→1.2×8=9.6=10mm
  • 6の面→1×8=8mm
  • となります。四捨五入してきりのいい数字にしてます。

コメントをどうぞ



*